ウイルス性イボとは

一般的にウイルス性イボは、手や足にできることが多い傾向にあります。感染性のものですので、人から人へ移ることもありますし、自分の体のあちこちにできてしまうことも少なくありません。体に傷があったりとほんの少しの隙間からウイルスが入り込んでしまうため、感染しやすい病気の一つとなっています。一度移ってしまうと、自然治癒はかなり難しいということを忘れてはいけません。

ウイルス性イボの場合は、他のイボとは違ってすぐに治療を行っていくことが大切です。皮膚科によっても治療方法が変わってくることもありますが、一般的には液体窒素を使って治療がおこなわれていく傾向が強いようです。場合によってはその他の方法にて治療を行っていくこともありますが、イボの大きさイボの量によっても治療方法が異なってくるという事をしっかりと覚えておきましょう。

また、幼少期にかかりやすい水イボですが、大人でも感染することがあります。水イボの場合は、ピンセット等で除去したりする方法が用いられることが多い傾向にありますが、痛みを伴うこともあるため絆創膏のような麻酔を事前に湿布してから行いますので、痛みについては軽減できるようになっています。市販でもイボの治療薬は販売されていますので使用されている方もいらっしゃると思いますが、ウイルス性イボの場合はその間に感染してしまうことが多いですので、できる限り早い段階で皮膚科で専門的な治療を行っていくと良いでしょう。